PROFILE

「食」は、私にとっていつも一番近くにある大切なもの。

幼いころ、料理教室を開く母にくっついては料理のまねごとをして
レストランを営んでいた実家では、いつもおいしそうなにおいが漂っていました。
忙しいなかでも毎日の食卓には、家族の健康を気遣い上手に工夫された愛情いっぱいのごはんが並んでいたこと。思えばそれが、私の原点だったのかもしれません。

料理を作るのが好き。誰かのために作るのはもっと好き。
「食」には、人と人を結びつけるちからがあると思うから。
食を通して見つけた大切な出会いや忘れられない感動をもっともっとたくさんの人につなげていきたい。

自分の料理が誰かに伝わり、いつかその家の味になる。
人から人へ、世代から世代へと受け継がれていく…。
そんな食の可能性にわくわくしながら、料理と向き合っています。
今日もどこかで誰かの「おいしい」の声が聞こえますように。

料理研究家/管理栄養士
満留 邦子(みつどめ くにこ)

【 経歴 】

宮崎県生まれ、東京都在住。大学の家政学部卒業後、料理研究家のアシスタントなどを経て、2000年よりフリーランスとして独立。以来、雑誌や新聞の料理連載、広告などの料理制作、料理教室講師など食にまつわるさまざまな活動を行う。

ジャンルは幅広く何でもやりますが、強いていえば「家庭料理」が私の得意テーマ。人が集まるときみんなでワイワイ食べられるものや、お酒をおいしく楽しめるおつまみ、気軽にできるちょっとオシャレなおもてなし料理など。家庭料理はいつも同じ味とは限りません。食べる人やそのときどきに合わせてアレンジする心遣いも味の一部だと思っています。
レシピ作りで大切にしているのも、身近に手に入る材料で作りやすい料理にすること。実際作ってもらってこそレシピには意味があると思うので、「今晩さっそく作ってみよう!」とか「これ、家族に食べさせたい!」と思ってもらえるレシピ作りを心掛けています。